読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

さよならテオ・テスカトル先生:モンスターハンター4Gプレイ記13

モンハン

20回も稽古をつけていただきありがとうございました。

 

G級テオ・テスカトルの角を含めた全部位破壊を終えつつの討伐、20針で行けるようになった。最初は討伐できず時間切れ撃退だったことを考えるとまぁまぁの進歩ではなかろうか。15針安定くらいは行きたいのでもう少し修行はしたい*1が、まぁそのうちおいおい。

とは言ってもプレイイングの改善より装備の更新が一番効いてそうなのがアレであるが。ま、そのへん含めてプレイイングスキルであると言い張っておこう。

今の対テオ装備はこんな感じ

■男/剣士■ --- 頑シミュMH4G ver.0.9.5 ---
防御力 [529→744]/空きスロ [0]/武器[2]
頭装備:ゴアSヘルム [0]
胴装備:カイザーXメイル [2]
腕装備:残陽・真【篭手】 [3]
腰装備:クシャナXアンダ [3]
脚装備:カイザーXグリーヴ [2]
お守り:伝説の護石(属性会心+2,匠+2) [3]
装飾品:闘魂珠【1】×2、菌究珠【1】、闘魂珠【2】×3、剛体珠【3】×2
耐性値:火[4] 水[-5] 雷[-10] 氷[6] 龍[-16] 計[-21]

細菌研究家
斬れ味レベル+1
挑戦者+2
金剛体(耳栓、風圧【小】無効)
-------------------------------

クシャナアンダはXになったけど、ゴアヘルムが未だにXでなくSなのは面倒だから。まぁ、あんまり変わってないね、防具は。

ただ武器は良くなった。雪一文字からダオラ・ストームに。スペックが純粋に上になった分、火力はずいぶん上がった様子。数字はあまり大きい差があるように見えないかもしれないが、紫ゲージの長さもあり実ダメージの差はあっさり体感できるレベルで違う。

テオ先生に比べるとMH4Gのクシャルは無駄に飛ぶは角折っても龍風圧消えないどころかむしろ頻度が増すわでどーにも面倒モンスターになっていたが。手数武器なら毒入れて閃光玉15個炸裂させれば被弾する要素のない雑魚である。テオ先生との稽古が辛いなら早めに乱獲してしまうと良いだろう。

ん? 風化した~がない? G2天空山採取ツアーで太古の塊を集めよう。100回も採取ツアークリアすれば出るよ(真顔

 

 

しかしテオはほんとによいモンスターだ。

攻撃力は高いし、一度攻撃に引っかかるとそのまま連続攻撃を浴びて死ぬ危険が高いし、距離を迂闊に開けると突進や跳びかかりで殺されやすいし、その上一撃で確殺する技も持っている。

一方で攻撃のスキが明確でパターンもはっきりしてる。だから攻撃をきちんと避けて明確な隙の間だけ攻撃し、テオの行動に合わせて次の行動を決定する、ハンターの基本を押させてれば被弾せずに戦えるわけだ。

ブレスや尻尾ぶんぶんは誰の目にも明らかな隙だと思うが。粉塵散布からの爆破は爆破範囲のパタンが見えれば(色と分布ではっきり分かる)貴重な頭を殴るチャンスに早変わりだし、バックジャンプの後は威嚇が入るので位置取りが避ければこれまたチャンス。猫パンチの粉塵を頭振ってカッチン着火もわかりやすい隙だろう。

一方で突進は出も早く怖い攻撃。猫パンチも判定が強くひっかりやすい。離れすぎてる時の跳びかかりも出だけでなくモーション自体が早く分かってないと被弾しやすい。更には遠距離の突進は左右カーブのパタンがありからくり(直近のハンター回避方向を覚えててそれに合わせている。だから慣れると向きを誘って逆に行けば歩きで避けれる)が分からないと謎ホーミングだと理不尽に思いながら轢かれるだろう。その上ノヴァもある。

観察が不十分だと容赦なく殺される恐ろしい敵だし、きちんと観察できてれば攻撃し放題の楽しい相手だ。ほんと、よくできてるモンスターだと思う。

 

ただ、怒り終了時の範囲攻撃、正式名称はスーパーノヴァらしいあれ。予備動作は一切なく、あらゆる行動から即つながるのでモーション観察では対応できない。絶対ガード不能で、威力も即死クラスかつ気絶確定。運良く加護とかネコの防御術で生き延びてもまぁ次で死ぬ。そうでないならそも直撃で死亡確定。

ということで絶対避けないといけないんだが、モーション観察だけで回避するのは不可能だ。

しかし、スーパーノヴァは怒り開始から100秒後と決まっていて、実はそれを知ってると避けるのは楽。とは言え戦闘中に100秒をカウントするのは難しい。なれるまではノヴァまでの30秒位は怖くて手が出せず手数が減ってしまっていた。とは言え死んだら元も子もないしロスも多いし……

以前は感覚で覚えてやると息巻いていたが、結局タイマーを使うことにした。ネットにつながってる端末を見ながらプレイしてるならスーパーノヴァタイマー4がオススメだ。15秒前から音を出して教えてくれるので確実に避けれるし、それまで安心して全力攻撃できる。

個人的にはインゲームの情報だけで判断できるようなゲームを好ましく感じるので、発動前に全く予兆がないノヴァはちと思うところもあるのだけど。タイマーさえあれば逆にどうってことないので、あまりにノヴァで死んでしょんぼりしてる人はタイマーを使おう。

 

 

せっかくだから、少し具体的な立ち回りの話もしておこう。

肉質的にはテオは切りやすい後ろ足を狙うのが基本。弱点の頭に若干劣るが2番目の尻尾と同じ肉質なのが後ろ足。動かないのであらゆる武器で狙いやすい。

 

位置取りはテオの近く、ただし前方は避ける、ってのが基本。

テオの前方は突進や跳びかかりやブレス、後方は尻尾ぶんぶんやバックジャンプを喰らう。また胴体横に密着してると猫パンチでめくられるし、突進の時後ろ足に引っかかって喰らう。

よって、後ろ足を真後ろ真横を避けて斜めに斬りかかるのが比較的安全か。

ただまぁ、位置取りは臨機応変なので適当に。大事なのは攻撃モーションが始まる前に離れて次のモーションが確定するまできちんと様子を見ること。わざと前にいてブレスを誘発させるって手だってある。よく見て対応するのが大事。テオに限ったことじゃないけど。

 

慣れてないと怖い範囲粉塵は

  • オレンジは遠方なのでテオの周囲は安全。全力攻撃のチャンス。
  • 黄色は前方か後方。後方なら頭殴るチャンス。前方なら後ろは切り放題。
  • 赤はテオの密着全周囲な近距離爆破。頭から順に爆発するので前方にいれば爆破直後に頭を殴りにいける。

こんな感じでわかりやすいので攻撃チャンス。

ちなみにMH4Gだと爆発する辺りは黒い煙があって危険だと分かるようになってる。ぎりぎりの位置でヤバイと思った時は黒い煙を目安にすると良い。下手にローリング回避いれて逃げきれず硬直で喰らうくらいなら、ぎりぎりまで歩いてから最後にローリング回避するほうが間に合う可能性があって良い。

 

前述のとおりテオから離れすぎると

  • 突進
  • 連続突進
  • 跳びかかり
  • 左右の一方に曲がる突進(ホーミング突進、に思える奴。じつは誘導してるわけではないのでちゃんと避けれる。直近のハンターの移動方向を覚えてその向きに曲がっているので、左に数回移動したら次は右、右に数回移動したら次は左、とやると避けやすい。距離があるなら曲がる向きを確認してから回避方向を決めると歩きでも避けれる)
  • 前方に粉塵を集めてノヴァの様な大爆発を起こす攻撃

と言った殺し技を使ってくる。どれも慣れてないと引っかかりやすい上に致死クラス。テオに慣れてない人は離れて回復しようとしがちだが、それは死亡フラグだ。テオのモーションで安全なのは攻撃チャンスだと言ったモーションの方。

離れて回復したいなら足元に小タル爆弾かマタタビ爆弾を置こう。吹っ飛びの無敵を使いつつ位置を変えるなら遠くでも安心して回復が飲める。こうでもしないと回復した側から攻撃を食らって回復意味なし+気絶のコンボでそのまま死ぬよ。

あと、壁際も危険。カメラが滅茶苦茶でよくわからない間に突進やらで畳み掛けるのはテオ(とあとクシャも)の得意技だ。

 

ちなみに、テオの怒り状態は以下のどれかで解除される。

  • 頭への攻撃による大ダウン
  • 角破壊
  • 尻尾切断
  • 乗りダウン

ので、怒り状態が怖いならこの辺をやる(狙いやすいのは乗りダウン)と畳み掛けやすくなるだろう。

頭攻撃の大ダウン→全力攻撃→怒り→乗りダウン→全力攻撃→怒り→尻尾切断、とかハマると大分楽になるし。

 

 

さて。

G3大老殿クエは3頭クエ以外は全部やってあるし、いよいよ緊急のゴグマジオスを片付けたい段階であるが。

こっちは結構前からちょくちょく挑んでは時間切れを繰り返している。もうそろそろ行ける気はするので、後数日以内にはクリアしたいところである。

次のプレイ記がマジオスクリア報告になりますよーに!

*1:作りたいテオ武器もまだあるし