絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

弾着観測射撃を駆使しよう

2014.4/23のアップデートで実装された偵察機周りの様々な仕様の中で、特に突き抜けた効能を持つのが「弾着観測射撃」だ。

これは、砲撃を行う艦艇に偵察機を載せた場合に行われる昼砲撃ターンでの特殊射撃だ。

端的にいうと、昼間に砲撃でのカットインや連撃が発生する。友軍側の火力が跳ね上がる*1ため火力の不足で厳しいシチェーションは圧倒的に楽になる。

 

弾着観測射撃を行う条件は以下。

  • 水上観測機(ない場合は水上偵察機で代用可能だが発動確率が落ちる)を装備
  • 制空権確保である(航空優勢でも発動はするが確率が大きく落ちる)

つまり、砲撃する艦は水上観測機を装備した上で。空母を十分な数出して制空権確保するのが肝要だ。

ここのところずっと制空権確保の重要性は主張していたわけだが。重要度は更に跳ね上がったといえる。烈風と今回のイベント報酬である烈風改できっちり制空権確保して欲しい。

また水上爆撃機の瑞雲各種や晴嵐では弾着観測射撃は発生しない。航戦や航巡の時代は来なかった。残念。

実装ミスだったらしくオンメンテでこっそり瑞雲各種や晴嵐でも弾着観測射撃が発生するように。やはりこれからは航空火力艦の時代だな。

 

さて。

弾着観測射撃は自分が試した範囲だと発動条件は以下の様子

  • 砲2門、水上観測機→連撃
  • 主砲、副砲、水上観測機→カットイン
  • 主砲、対水上電探、水上観測機→カットイン

砲1門と水上観測機だけだと何もないのは確認済み。

おすすめの装備構成は以下。

  1. 主砲、副砲、32号電探、水上観測機→カットイン
  2. 主砲、主砲、32号電探、水上観測機→連撃のみ、威力と命中ともに優秀
  3. 主砲、主砲、主砲、水上観測機→連撃のみ、火力向上の分だけ素直に最大威力向上。命中が怪しいが連撃なので十分ごまかせる

今のところ自分が試した限りだと、

  • カットイン:与ダメージが安定。普段昼砲撃が通らない味方巡洋艦→敵フラグシップ戦艦・空母重巡でダメージが安定して出る(カスダメになりにくい)
  • 連撃:素直な最大ダメージ向上。両方当たると昼に夜戦火力みたいな威力がでる。片方だけ当たれば命中が多少悪くてもごまかしてしまう

という印象。巡洋艦はカットインも魅力的だが、戦艦は連撃でいいと思う。

夜戦のことも考えると、装備構成は1か2で夜連撃をキープするのが良いと思う。が、この辺は海域ごとに考えて欲しい。

 

最後に。

制空権喪失か航空劣勢を敵に渡すと、特に特別な演出はないが敵が弾着観測射撃をしてくる。偵察機持ちの連撃がわかりやすい。今後は空母無しで出撃すると言うのは愚か極まりない行為と言える。

空母の重要性は攻撃・防御の両面から大きく跳ね上がったといえるだろう。

 

以上でとりあえずわかってる範囲の話は終わりだ。皆も弾着観測射撃で大幅に跳ね上がった友軍火力を持って、敵を踏み潰して欲しい。

 

P.S.

水上観測機が足りない? 無い? ではこちらをどーぞ↓。

零式水上観測機を作っとこう - 絶賛墜落中の空中遊園地

 

(2014.4/25追記)

航戦・航巡の時代が(実装ミスにより)遅れてきた!

これで航戦・航巡は水上観測機ではなく試作晴嵐や瑞雲12型で制空権に関わりつつ開幕航空攻撃をしつつ弾着観測射撃を行うことが可能になる。

敵に全く制空能力がないなら航戦・航巡単独で制空権確保しつつ弾着観測射撃できるし、敵に制空能力があっても空母を出し優勢以上にする関係で開幕航空攻撃が十分機能する状態で運用できる。

正直、あえて採用するメリットの全くなかった航戦。ネックだった砲撃火力が弾着観測射撃で引き上がる以上、十分に運用に値する性能を持つ艦に化けたと言っていいだろう。航巡はもともと重巡と遜色なかったので開幕航空攻撃の分アドバンテージを得たと言える。

遅れてきた航戦・航巡の時代を堪能しようじゃないか!

 

(2014.4/30更に追記)

戦艦は徹甲弾がらみでもカットインがある様子。

これは戦艦でも連撃と遜色ない期待与ダメで、結構いい威力。

 

あと、カットインと連撃は期待与ダメ的にはあまり差がない印象。連撃が火力で圧倒してる格下相手じゃないとあまりダメージが出ない印象。

特に素の火力が低い軽巡はカットインと連撃ならカットインのほうが安定するイメージ。重巡も32号積んでてもダメージが出づらいので火力値が足りない印象、命中ではなく。実際、3号砲を2門でも火力値だけなら敵のflagship級とやりあうにはパワー不足は否めない。

戦艦も最初は連撃一択と思ったが、徹甲弾カットインは直撃でかなり最大ダメージが伸びる。期待与ダメ的には連撃一択とは限らない印象。ただ、徹甲弾カットインの場合は装備が4スロ決まってしまうので、他の装備が必要なときには使えないのは残念。

あと、金剛型やBismarckには徹甲弾は載らない。

 

また、航空優勢と制空権確保で発動条件を満たすわけだが。今のところ航空優勢と制空権確保で発動率に致命的な差がある印象がない。弾着観測射撃のことだけ考えるなら、航空優勢と制空権確保に大きな差は無いかもしれない。

 

ただ、制空権確保だと敵の触接が封じれるし、砲撃ターンでの敵空母の命中が落ちる。防御面での恩恵が多いのでできるだけ制空権確保を狙いたいのは間違いないかな。

*1:最大威力の向上もだが、連撃やカットインによって本来まともなダメージが出ないシーンでも一定以上のダメージが出ることにより期待与ダメージが跳ね上がっている

広告を非表示にする