絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

Titanfallローンチ

Titanfallが今から待ち遠しい - 絶賛墜落中の空中遊園地

やはりTitanfallは面白い - 絶賛墜落中の空中遊園地

Titanfall ベータプレイ動画まとめ - 絶賛墜落中の空中遊園地

 

 

ついにタイタンがフォールだ!

 

待ちに待ったタイタンフォールが2014.3/13の0時ジャストに解禁された。お行儀よく国内発売を待っていたのでもはや待ちきれず0時からプレイを開始。

基本的にベータの段階でもう完成していたと見え、特にプレイ感は変わらず。よって製品版で初めて開放されたキャンペーンや新しいマップ、ルール、装備に関する雑感を述べる。

 

 

 

マップベータの時の2つに加えて合計で10ある様子。立体的に複雑な構造を持つマップばかりで、ベータのマップはあれでも普通のFPSマップっぽいのに絞ってあったとわかる。ウォールランと二段ジャンプ、ジップラインでの移動を駆使しつつ縦横無尽に移動できるようにならないと満足に戦えなさそう。慣れるまで苦労するだろう。

 

 

 

ルールはCTFとパイロットキルだけをスコアにするデスマッチルールの二つが追加。どちらもまだやってないので感想とかはまたいずれ。

ベータでやったHardpoint domination(日本語版だと拠点戦)が一番好みのルールってのは製品版でも変わらず。敵の動きが互いに読みやすいので、わかってる敵味方が集まってくるほど面白くなるルールだ。MW2も結局Domしかしてなかったしね。

でも、タイタンフォールの拠点戦はMW2のDomよりずっと面白い。MW2で大問題だった2旗とったら後はリスポン固めてリスキルしろ、でないと勝てる勝負で負ける、みたいなこともないし。3旗とっていいし、極端に不利な旗ってのも(たぶん)ない。ガンガン前に出ていい。

もちろん防衛しないと勝てないルールでもあるので、守る時は守る判断も大事。

 

 

 

パイロット(歩兵)の時の武器はたくさん増えた。特定の武器じゃないと勝てない、みたいなことはなく、武器の種類だけプレイヤーの選択肢にバリエーションがでる良い調整だと感じた。

個人的な好みはセミオートのライフル。精度とレートの釣り合いがよく、ちゃんと狙えたと思った場面では敵がちゃんと死んでくれる。AIMの矯正も兼ねてメインで使っていきたい。

ベータの時最もスコアの良かったSMGもやはり使いやすい。一定距離以内は腰だめで使っていけるので、走り回りながらの遭遇戦でも結構やれるし、ADSすればそれなりの距離でも敵を捉えられる。

アンチタイタン武器だとグレネードランチャーが使いやすい。障害物を駆使して敵タイタンの上から仕掛ける場面が多かったので、適当に撒けば引っ掛けられるグレネードランチャーは便利だった。ADSすれば割とちゃんと飛ぶのでそこそこ距離が空いても当たるし。

 

 

 

タイタンはベータの時のアトラスに加えてオーガとストライダーが追加。オーガが重装甲、ストライダーは機動型。ベータの時はバーンカードで使うしかなかったオーガとストライダーは初めて乗った訳だが、3種ともあちらを立てればこちらが立たずな感触でどれかが一番強い、みたいな感じはなかった。

オーガは硬いのとコアアビリティのシールドコアが強力な代わりにブーストが1ゲージ。コアアビリティたまってない状態で囲まれると詰む。

ストライダーは脆い上にコアアビリティがブースト無限という戦闘で使えないものだが、ブーストゲージが3つあり、コアアビリティと組み合わせれば多数の敵を相手どっても翻弄できる、かも知れない。

アトラスは特別尖ったところも劣ったところもなく、コアアビリティがダメージコアという攻撃力増強で使いやすく強いこともあり、やっぱり優秀。

ということで特色が上手く生きる立ち回りをできるならどれも強い、そういう意味で使いでがありそうな良い調整だと思う。

 

 

 

で、キャンペーン。

これがマルチプレイヤーキャンペーンだったのがちょっとした驚きで。キャンペーンと言われていわゆるシングルキャンペーンを想像する人は注意するべき点だ。

マルチプレイヤーキャンペーンというとわかりづらいが、要するに普通の対戦マルチ。マップが切り替わる順番が固定で、マップごとのルールも固定されてるモードだと思えばいい。ロビーで待つ間に音声での演出が入りストーリーが表現されている。

IMCとミリシアという二つの陣営、それぞれで10マップずつプレイするとキャンペーンクリアとなる。片方の陣営をクリアするごとにストライダーとオーガが解禁されるので、事実上クリア必須の要素。

ただ、普通にルール固定で全部のマップをランダムにプレイできるマルチプレイヤーのモードもあるので、キャンペーンは一度やったら近寄る必要はないだろう。プレイヤー側に一度クリアしたら近寄るメリットがない関係で、早めにクリアしておかないと今後マッチングで苦労する可能性がある。

意欲的な表現形態とは思うが、もうプレイしなくていいかな。

 

 

 

まだプレイ時間は大したことないが、期待してたものがきちんと用意された印象。文句をぶーたれながらもなぜかやり続けたMW2、あのゲームの楽しい時の感じが常にする。個人的にはそれだけでもうなにも求めることはないくらいだ。

ミニオンの存在やマルチプレイヤーキャンペーンという形態を選択したこと。新しいFPSの形を模索する姿勢も好感が持てる。

その上で、確かに面白い。かつてあったゲームの良い部分を注意深く抽出して組み込みつつ、新しく組み立てた部分と整合させて素晴らしい体験をさせてくれる。

しばらくはフロンティアでタイタンをフォールさせることに明け暮れそうだ。

広告を非表示にする