読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

The Lord of the Rings: War in the Northのファーストインプレッション

積みゲーを崩そう強調週間実施中。

 

確か何かのバンドルでついでに手に入れたと記憶しているが、山のようにある積みゲーの1つであるThe Lord of the Rings: War in the Northをプレイしてみた。ジャンルとしてはアクションRPG、内容はタイトルから分かる通り、指輪物語のゲーム版だ。

といっても指輪物語を読んでない自分はあんまりその辺で期待がないので、まぁよくあるARPGだな、位のイメージでプレイ開始。

ゲームを立ち上げてとりあえずオプションを、とやってる間でこのゲームはマウスとキーボードで操作するようなゲームじゃないと判断しXbox360のパッドを接続。以下、パッドにてプレイ。

ゲーム立ち上げるとキャラクターの選択を要求される。3人いるんだけど、だれでも良い。いつでも好きなキャラに変えられるし、選ばなかったキャラもNPCとしてついてくる。見た目とゲーム的なキャラ付け(見た目で大体想像できるはず)で選んで良いと思う。自分はドワーフのおっちゃんを選択。

ゲームを開始するとムービーと会話のカットシーンの畳み掛けを受ける。大作系のRPGは洋の東西を問わずこんなのばっかになって久しい。自分はこの手のが嫌いなので少しイライライしながらゲームスタート。

ゲーム内容は街にいる間はお使いゲーの様子。うろついて指定された場所で指定されたNPCと会話カットシーン、また移動して会話カットシーン、の繰り返し。ダルイ。R1でダッシュできるけど、ダッシュしてももっさり移動なので余計メンドイ。この辺で投げそうになった。

ただ、ARPGなら本番は戦闘だろう、ということでなんとか戦闘マップへ移動。

こちらはボタン連打でだいたい片がつくもっさり空間アクション。ただまぁ、アクションを名乗って良い程度には読みとタイミングが必要なのでまずまず。

で、どうやらコンボを上手くノーダメで入れると経験値が多くはいるようで、演出もなんかつくのでそこそこの爽快感がある。ただ操作がもっさりなのと相殺。あと、アクションゲーマーとしてプレイイングスキルが高いほどRPG的なメリットが増大してキャラが強くなる、つまり上手いプレイヤーほど戦闘がよりぬるくなる作りはどうなんだろ? と思う。プレイヤーチートは下手な人間に与えるべきだと思うけどなぁ。

ただ、戦闘そのものは近接の剣戟戦闘と遠距離のTPSな射撃戦闘をシームレスに繋げてて上手いと思う。この部分だけはダークソウルやドラゴンズドグマにも見習って欲しい。

マップは見えない壁がやたら多くて移動ルートが限定される上に、進路と別の方へ行くと何か落ちている、という面倒な作り。隅々までもっさり移動で探索することを強いる割に、楽しくないというよろしくない作り。

ボス戦も自分がプレイした範囲だとそれほどアクション的に工夫があるボスではなく、攻略する爽快感はない。

ならばARPGならではのキャラ育生は……というとどうやらこちらはCRPGの伝統に則った作りでキャラパラメータとスキルをそれぞれ別にレベルアップで与えられるポイントで強化していく作り。悪くはないが、目新しい点も皆無。

戦闘マップはラストにボスがいて、クリアすると次の非戦闘マップへ、という作りのようだ。非戦闘マップでは会話カットシーンの嵐。

とまぁそんな感じで、印象は良くないゲームだ。

ただ、一応それなりの時間プレイした程度には遊びやすさに関して気が使われているゲームで、間違っても品質の低いゲームではない。そこは強調する。

ただ、あまりにも秀でた点のない凡庸なゲームで、あぁキャラゲーなんだなぁ、というのが素直な印象。他の媒体のコンテンツのゲームって必然というか凡庸なものになる宿命だよねぇ……

 

そんな訳で、ガンダールヴが出てきた当たり(多分まだ序盤)でプレイは中断されそのままである。んー、どうしても気になったら続きをやるかもしれないが、指輪物語別に好きじゃないし、このまま放置するかなぁ、と思われる。