読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

ロックスミスは練習に使えるのか?

結論。使える。


ロックスミスってなに? って人には本物のギターやベースを使える音ゲーとだけ。気が向いたらそのうちレビューするかもした



さて。ロックスミスは練習になるのか、というのはゲームとは関係ない方面の人には気になる話だと思う。ゲーマーは難しいことを気にしないでゲームを楽しめばよい。



ロックスミスをプレイするというのは結局のところ初見の曲をTAB譜付きで曲に合わせて練習するのと同じだ。知らない3〜8曲を一纏めにして通し練習をした後、休みなしでもう一度全部弾く。それを繰り返す感じになる。
だからロックスミスが練習として役立つかどうかは初見の曲をTAB見ながら2回弾いてどんどん流していくのが役に立つかという話になる。だから役に立つのは間違いないし、各種奏法や和声の知識があればより有用な練習になる。どんな奏法でどんな意味を持つ音を弾いてるのかわかればより効果的な練習ができる。
そんな訳でTABがあるならそこそこ弾ける、と思ってるギタリスト・ベーシストには大変有用だと思う。
ただ、インプロや耳コピができるレベルなら面倒なだけだと思われる。そういった方には残念ながら目新しいゲーム以上の価値はないだろう。

さて。以上はもともとギターやベースに慣れ親しんでいる人間を想定した話だった。では、全くの初心者がロックスミスで楽器デビューした場合はどうであろうか?
おそらく、それなりに練習になるだろうが、ロックスミスだけでうまくなろうとするのは苦しいと思われる。他になにも参照せず全くの初心者がTABだけ見て弾こうとすれば詰まるよね、ということからの推測だ。いくらロックスミスが自動で難易度を調節して音を間引いたり簡略化してくれるとはいえ、基本的な指使いやスケール・コードの知識なしに乗り切るのはさすがに苦しい。指の動きだけで覚えようというアプローチは苦労の割に報われないのでオススメできない。
逆に言えば、そういった知識を得るのと並行するなら高い練習効果を発揮するのでは、と思う。かく言う自分もベースはロックスミスで始めてみたが楽しめてるしそれなり以上に練習できてる。がスラップのやり方はロックスミス内部の解説ではわからなかったのでネットで動画を探して練習している。
そんな訳で全くの初心者でロックスミスをやってみようという人は、ロックスミスだけにこだわらずギターやベースの初心者向けサイトや教則本で少し勉強するつもりで居たほうがいいと思う。



導入コストに見合う価値が有るか? に関しては各々で考えて欲しい。宅録やってる人はそれなり以上のパソコンがあるだろうからハードルは低い。ロックスミス本体と専用ケーブルを買うだけですむ。プレイステーション3Xbox360のどちらかがある場合も同様だ。逆にパソコンもゲーム機もないなら少々導入コストは高くなるので、ロックスミスのためだけにハードごと買う価値があるか悩ましい。ある程度は弾ける人ならロックスミスにこだわる必要はあまりないと思うけれど。ネット上にTABも演奏動画も溢れてるしね。例えばこんなサービス(YouTab)とか。
そんな訳で、自分の環境と懐具合と新しいものへの興味を見極めて好きにして欲しい。


ただ、全くの初心者の場合は難易度自動調整の存在から強くロックスミスを推しておく。アンプシミュとしても使えるのでとりあえずの機材として悪くないと思うしね。




楽器畑の人にはあまり知られてない気がするロックスミス。最近ちっとも弾いてないけど空じゃなにも弾けないって人、ぜひ調べてみて下さい。もしかしたら昔の楽しさが取り戻せるかもしれないよ?

広告を非表示にする