読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

イベント前の準備は順調?

イベント開始前メンテだ。イベントへの備えは万全だろうか?

f:id:SHMT:20131101105624j:plain

f:id:SHMT:20131101105640j:plain

f:id:SHMT:20131101105650j:plain

夏イベントの反省を踏まえ、今回は徹底してレベリングに励んだ。実戦投入可能なレベルの艦を数揃えることがとても大切だと理解したからだ。艦種も最後の頼みの綱となる戦艦だけにとどまらず幅広く引き上げた、つもりだ。

Lv90オーバーの数が揃わなかったことと、重巡・航巡のレベリングが間に合わなかったのが不安要素。E4が夜戦となるとLv80以上の重巡・航巡をホントは6隻揃えたかったところだが、まぁ仕方あるまい。

装備開発も有用な装備の数を揃えることに腐心した。残念ながら32号対水上電探は3つだけ、烈風は2つだけだが、他の装備は主力陣に行き渡る程度には数が揃った。良かったよかった。

 

資源備蓄はいつもどおり自然回復限界付近の水準をキープ。

f:id:SHMT:20131101110216j:plain

↑25k/25k/25k/25k程度の水準でメンテを迎えられた。メンテ中の自然回復分で限界まで貯まる計算。ちなみに高速修復材(バケツ)は364↓

f:id:SHMT:20131101111022j:plain

イベントは祭りだし、RTA好きな人間としてはできるだけ速いクリアを目指したくもあったが。自然回復限界の26000を超えて資源を貯めると日々の自然回復分(一日あたりで1440(ボーキは480)、一ヶ月あたりだとまさかの約4万(ボーキでも1万3千))をドブに捨てることになる。この分をレベリングや装備開発(必要なら建造も)に費やせばどれだけの差になるかは、計算するまでもないだろう。既にLv99だらけならともかく、発展途上の艦隊を抱えている身としてはとてもじゃないけれど自然回復分を捨てるわけには行かなかった。

ま、E1とE2は苦戦しないだろうから資源の減りも日々の出撃分程度に抑えられるだろう。ささっと片付けて、時間回復ゲージのE3以降をどうやって抜くか思案していこうと思う。

広告を非表示にする