読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

楽器弾く時ウォームアップとクールダウンしてる?

楽器を弾くってのは全身運動だ。決して指先だけをちょこちょこ動かすものではない。

……なんてことは、それなりに練習を続けてる人には言うまでもないことだろうけれど。

いい演奏するには力みをとってしかしきちんと必要な力をかけないといけない。その制御は繊細でなければならないし、早く鋭く動かすこともあればゆっくりしっとり動かすこともあるし、早くしかし重く動かすこともあるし、ゆっくりなのに一音一音は鋭く奏でることだってある。出したい音に応じ、体の使い方は千差万別。共通するのは、体の何処か一部分だけでできることではないってことだけ。

ともあれ、楽器の演奏ってのは全身を使って行うし、想像以上に体に負担をかけている。楽器の演奏をするというのは、それなり以上の負荷の運動をすることだと考えるべきだ。

よって演奏の前後ではストレッチをするのがオススメだ。

鍵盤とギター・ベースの場合は指先から手のひら・肘・腕全体・肩・肩甲骨・背中・腰とつながっている筋肉をメインに動かすので、まずはこのつながりをじっくり伸ばすのがいい。指先をつまんで反らせて伸ばしてみたり、手のひらを掴んで反らせて伸ばしてみたり。子供の頃体育でやらされたようなのを思い出すと良い。

人間の体というのは、なにかをする時使う筋肉は実際に大きく動く部位だけにとどまらない。動く部位に近い部位ほど顕著だが、他の筋肉も連動して動いて実際の動きを支えている。主に指先や腕だけが動くと思っている様な楽器演奏でも、実際は全身を使っていると思ったほうが良い。だから、できるだけ全身をきっちり温めてほぐしてから演奏を始めたいところだ。

そうそう。

まだ経験が浅い楽器だと頻発するけど、弾いていると身体が痛むことがあると思う。ギターやベースだと弦を押さえている指先が痛い、なんてのが顕著。あるいは、動かしている部位に痛みを感じることもあるだろう。

大切なのは、こういった痛みは『絶対に』我慢してはいけないということだ。痛くなったらすぐに演奏を止める。体が今まで日常生活で使われたことがない扱いを受けて慣れてない間は頻発するが、『絶対に』痛みをおして練習してはいけない。

痛みはそのままではまずいという信号なんだから、無視したら体を壊す。練習を頑張った結果で怪我でもしたら割にあわない。体が不慣れなせいで感じる痛みなら、すこしずつ続ければちゃんと体が慣れて痛まずに弾けるようになる。弦楽器での弦と触れる指先はかかとみたいに硬い皮膚になるし、よく動かす手首から指先なんかも随分と力強くなる。

それでももし痛みがいつまでたってもついてくる場合。

それはフォームかなんかに致命的な問題がある証拠だ。そういう時は先生について教わるなり、上手い人のプレイを動画でいいから見て回って自分の動きと比べてみたりして、どれだけ弾いても痛んだりしない弾き方を身につけよう。

繰り返すけど、痛みを感じるような演奏はダメだ。体に悪いだけじゃなく、結果としていい演奏にも絶対にならない。痛みの上から細やかな制御をするなんて不可能だからね。

ま、といったこともあり。

演奏で余分な痛みを感じないためにも、事前のストレッチと、演奏後のクールダウンは日課にした方が良い。硬くなってるせいで感じる痛みはほとんど軽減されるだろうし、余計な怪我の可能性も減る。

じゃまぁ、今日も練習の前に軽く体を動かして伸ばして、それから音楽しましょう。