読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛墜落中の空中遊園地

大地とキスするまでに遊び倒せ

ボッチのための一人バンドによる一人ジャムセッションごっこ講座!?

楽器を一人で黙々と弾いてると、そのうちつまんない気がしてきて良くない。いや、自分一人の演奏で完全なる音楽を表現できる技術の持ち主ならそうでもないのだろうけれど、まだまだ発展途上の一人としてはそういう極限のことはわからない。

ともあれ、演奏技術に大きく制限がある状態で、一人で表現したい音楽をやり切るのはきつい。やっぱり誰かと一緒に演奏したい。そのほうが楽しいし。

とはいえ、それほど弾けるわけでもないのに人とやるってのもかなり勇気がいる。やっぱり場数を踏んである程度の自信がないとなかなか人前には出ていけない。

ということで、一人でジャムセッションごっこをするため、一人バンドをやってみよう。

 

 

 

DTM できるなら自分以外のパートを打ち込んだバックトラックを色々と作れば好きな様に楽しめる。とはいえ、楽器を弾く人すべてが DTM をやっているわけでもない。どうする?

実は、ネットで探すとジャム用のバックトラックっていっぱいある。それを使えばいい。

例えば、これとか。


Funky Blues Backing Track (C) | 120 bpm - YouTube

こういうのに合わせて、ジャンルの常套句をひたすら繰り返すだけで楽しい。

ん? 常套句とか知らない? ジャンルの常套句を集めたフレーズ集的な教則本っていっぱいあるから探してみるといいよ(鍵盤なら以前紹介したこれとか)。

できるだけ単純なフレーズを覚えて、それを自分なりに曲に合わせていくようにしたら色々と勉強になるし、単純に楽しい。リズムいじったり、音足したり引いたり。色々と思いつくままに工夫してみよう。

 

 

 

他にも有名な曲なら特定のパートを除いたマイナスワントラックなんかもある。そういうのに合わせて練習すればフルバンド(それもプロの本気の演奏)と合わせて練習することになる。人の演奏を聞いてそこに上手く入っていくってやっぱり難しいし、楽しい。せっかく楽器触ってるのにその楽しさに触れないままってのはもったいない。

 

 

 

自分の体が思わず動くような、ノリたくなるようなバックトラックを見つけよう。

それに合わせて練習するだけで、ずっと楽しい時間が過ごせるはずだ。